スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JIM HALL 「CONCIERTO」

邦題では「アランフェス協奏曲」。Jazz界でも、言わずとしれた、
名盤の一枚として数えられるアルバムです。

・・・なんですが、なぜか今まで知っていても聞いた事がなかったのです。
今日、レコード屋に行ったら、すっごいジャケットが呼んでいたので買ってみました。

大正解。

なぜ今まで聴かなかったのでしょうか、って感じです。

ジム・ホールはもちろん、ロン・カーター、チェット・ベイカー、ポール・デスモンド、
そしてスティーヴ・ガッド。

悪いわけがない、ですな(笑:私はスティーヴ・ガッド好きです)

特に1曲目の「You'd Be So Nice To Come Home To」は好きですねー。
アルバムトータルタイムも40分弱なので、とても短く何度も聴けます。

特に「アランフェス協奏曲」は万人に受けそうな、That's Jazz!(という言い方は失礼なのかもしれませんが)
クラシカルなアレンジを継承しつつも、このメンバーでなければ出せないような
雰囲気を醸し出していますし、展開もいい。

あぁ、そうだ。名盤とよばれ、全体にスタンダードな佇まいのあるアルバムっていうのは、
こういうものです。


アランフェス協奏曲アランフェス協奏曲
ジム・ホール ローランド・ハナ ロン・カーター

キング 2000-07-26
売り上げランキング : 28342

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ライヴマスター (livemaster)

  • Author:ライヴマスター (livemaster)
  • Music Connect-er。CD-SHOP Wanderer。音楽は仕事というより音楽好きでいたい。その方が楽しい。人と音楽を繋げたい。まさにLinQ。お仕事の依頼問い合わせなどはlivemaster1999@gmail.comまでメールを下さい。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリー
tweet
リンク
最近の記事
ブログ内検索
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
3703位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
邦楽
554位
アクセスランキングを見る>>
AMAZON
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
AD
1
RSSフィード
最近のコメント
最近のトラックバック
QRコード
QRコード
バナー



人気blogランキングへ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

C
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。