スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コルネイユ「ザ・バース・オブ・コーネリアス」

今年の洋楽でよく聞くCDの一枚になった、といってもいい、
コルネイユの「ザ・バース・オブ・コーネリアス」。

真夜中に聞くのが本当に多いのだが、10日ぶりぐらいに
真夜中でゆっくりといろんな事をしながら(笑)聞いている。

彼を紹介するのにルワンダの虐殺の話が出てくる。彼の目の前で家族みんなが殺された。それは事実の中の話だし歴史からみても本当のことなのだろう。

しかし、だからといってこのアルバムをそういう風に結びつけるのは穿った見方だと思う。

このアルバムに流れているのは1曲を除いて、恋愛について、女性を、人を愛することについて、だ。

もちろん、様々なことがおこって今があるということは間違いない事なのだし、初めての英語のアルバムで今までのアルバムと少し赴きが違うこと。そして、愛して守るべき相手が横にいること・・・。

ここで感じるのはコルネイユ自身の優しさ、人の大きさだと
思っている(だからこそ、何度でも聞いているのだろう)

彼の声がまたそれを歌うのにとても合っている。
そしてサウンドも彼を強く感じさせる音になっている。

とても自然で全てが「人」を感じるアルバムだ。
Love is wonderful things!という言葉がぴったりなアルバムだと思う。

1曲を除いて、という曲は肌の色を歌った曲だ。しかしその曲にしても、英語が分からず歌詞を読まずに聞いていたら、きっとわからないぐらいメロディアスでまったくわからない。

ライナーノーツにもKCが書いているけれど、これ初めて歌詞読みながら聞いたときに私もマーヴィン・ゲイの「What's Going On」を思い出した。そういう匂いをとても感じさせるのだ。

彼の声にはマジックがある。でもきっとそれは彼が自分自身をわかっているから起こせるものなんだと思う。

本当に素敵なアルバムです。

まだ聞いたことのない人は是非、聞いてみてください。


ザ・バース・オブ・コーネリアスザ・バース・オブ・コーネリアス
コルネイユ

SMJ(SME)(M) 2007-06-20
売り上げランキング : 125

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ライヴマスター (livemaster)

  • Author:ライヴマスター (livemaster)
  • Music Connect-er。CD-SHOP Wanderer。音楽は仕事というより音楽好きでいたい。その方が楽しい。人と音楽を繋げたい。まさにLinQ。お仕事の依頼問い合わせなどはlivemaster1999@gmail.comまでメールを下さい。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリー
tweet
リンク
最近の記事
ブログ内検索
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
3259位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
邦楽
487位
アクセスランキングを見る>>
AMAZON
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
AD
1
RSSフィード
最近のコメント
最近のトラックバック
QRコード
QRコード
バナー



人気blogランキングへ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

C
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。