スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安藤裕子「Merry Andrew」

Merry AndrewMerry Andrew
安藤裕子 山本隆二

エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ 2006-01-25
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



イントロ数秒聞いただけで「あ、このアルバムは素晴らしいだろう」。普通に思った。
多分今まで安藤裕子の音楽を聞いた事のある人はそう思ったと思う。そしてそれは間違いなかった。

1曲目の「ニラカイナリィリヒ」からもう完全に惹きこまれる。「ニライカナイ」(沖縄では神々の住む極楽・楽園の意)をもじったのかと素で勘違い?(思ってた)ほどにこの「深い」アレンジ・声がなんともいえない。もうこれだけで虜になる人は多いだろう。
2曲目「Green Bird Finger.」は今までになかった感じで、
アルバムがスタートした気分をぐぐっと感じさせる。3曲目の「のうぜんかつら」はこっちが本アレンジ。4曲目で「煙はいつもの席で吐く」一息ブレイクしたと思ったら
5曲目「み空」。これがね、またいいんですよ。曲の構成も独特なんですが、サビと大サビを結ぶブリッジ(とはこれいわないかも)の上がっていく展開感はとてもいい。この曲はなんか彼女の特徴を表している感がある。凄い好き。
そして「あなたと私に出来る事」。これがまたいいんだ。アルバムの中に入って一層この曲が輝いているように思います。シングルの時もすごく感じたんだけど、この曲は心にしみるなぁ。今の気分で一番好きな曲です。
そして携帯電話のCMに本人出演して話題になった「さみしがり屋の言葉達」がスッとくる。
「み空」~「あなた・・・」~「さみしがり・・・」の流れが特に素晴らしい。
そして一転「ポンキ」でサーカス感のような明るい気持ちになる。「愛の日」は歌詞をちょっと読んで欲しい。そしてシングル「Lost Child」がきて「夜と星の足跡 3つの提示」。アルバム最後でもいいかも、と思っている処に、ASA-CHANG(多分)のカウントで「星空のワルツ」が始まる。で、「彼05」でガツーんと来て、「のうぜんかつら(リプライズ)」。この曲は言うまでもなく「月桂冠」のCMで話題になった曲であり、ボーナストラック的な扱いかもしれない。

しかし、その終わった余韻に浸りつつ、1曲目を聴いて欲しい。それはあたかも螺旋のように「つながっている」のだ。つまりこのアルバム自体が一つの世界観なのだ。

それから、この遊園地のような色とりどりの変化が実に素晴らしい、数曲単位で1章ではないが、ある種まとまって存在しているようにも聞こえる。例えば、
1~4・5~7・8~11・12,13・14~1・・・というように小気味よくとても飽きないのだ。

何度も聴きたくなる、というのは実はその辺に潜んでいるのかもしれない。

今はシャッフルな世の中だけど、このアルバムは全曲で一つの世界観だと思うので、この曲順通りに聞いてもらいたいと思うし、それが一番ベストだと思う。

歌詞も素晴らしいんだけど、このサウンドがとてもいい。ミディアム感の気持ちよさだったりっていうのが感じられるし、これだけバラエティでポピュラリティー感があるのはたまらない。しかしながらメッセージ的にはとても刹那的でもあると感じる。
変な意味ではないのだが、素晴らしく「バランスセンス」をもったアルバムだと思う。

このアルバムを聴いて「安藤裕子」を感じてもらいたい。
苦しかったり、悲しかったり、辛かったり、でも言うべき事はがつんと言う。それはそのまま「曲」達とつながっている気がする。

ライヴでも天才?ゆえの不安定さがあり、すごくいいけど、完璧ではない。いやむしろ、完璧でないからこその安藤裕子なんだと感じた。そこに「人」が表れる。バランスセンスはそこにも潜んでる気がした。

これは本当に素晴らしいアルバムだ。
のうぜんかつらで話題になってるとかそんなのは正直どうでもいい(それで初めて聴いてみようと思う人はそれはそれでOK)。

とにかく先入観なしで、一度聴いて欲しいし、一音楽好きという視点から思うに、このアルバム知らない人は実にもったいない。音楽が好きな人には是非耳を傾けてもらいたいと心から思えるアルバムである。

「Merry Andrew」。
2006年の初めにして今年を代表するアルバムの一枚だと"断言"したい。

(私を知ってる人は知ってるかもしれませんが、これだけ絶賛するのは珍しいことです)


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

そうオススメされたら、、

聴かずんばならないですね^^
のうぜんかつら以前は、正直あんまし興味なかったですが、やっぱのうぜんは素晴らしかったですね。

そう思うならば

是非、聴いてみてください。

まぁ、人それぞれ好き嫌いはありますけどね。
プロフィール

ライヴマスター (livemaster)

  • Author:ライヴマスター (livemaster)
  • Music Connect-er。CD-SHOP Wanderer。音楽は仕事というより音楽好きでいたい。その方が楽しい。人と音楽を繋げたい。まさにLinQ。お仕事の依頼問い合わせなどはlivemaster1999@gmail.comまでメールを下さい。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリー
tweet
リンク
最近の記事
ブログ内検索
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
1945位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
邦楽
297位
アクセスランキングを見る>>
AMAZON
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
AD
1
RSSフィード
最近のコメント
最近のトラックバック
QRコード
QRコード
バナー



人気blogランキングへ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

C
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。