スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Do As Infinity LAST LIVE

2005年11月25日。
本日はDo As Infinityの「Final」LIVE。

結構勘違いされている方も多いのですが、既にDo As Infinityは9月25日に「解散」しています。このライヴは「解散ライヴ」ではありません。今回が一夜限りの再結成&LAST LIVEだったわけです。

立ち見でもいいや、この瞬間や雰囲気をとにかく共有しよう、と思いチケットを普通に電話で取りました。まぁ、ビッグサプライズがあり、一番後ろのはずがアリーナ10列目ぐらいに。ギリギリに来た為、席について数分。武道館が暗転し、いよいよライヴがスタートした。

1曲目はちょっと意外「New World」。これから始まる新しい世界へ行く為のスタートなのか、「夜が明けて」とはじまるこの曲がスタートにあるのは「夜」(=解散)が一時明けて行われたこのライヴを暗示するのか?
とにかく、最後のライヴが本当にはじまってしまった。

2曲目「遠くまで」この曲はヴァンパイヤハンターDのVer.とシングルのVer.違ったよなぁ、とかふと思いつつ、「Oasis」へ。あぁ、もう何かこの曲は無条件ですよ、ある意味一番思い入れがある曲かもしれません。やっぱラストだから、シングルがんがん歌うんだろうなぁ、と見てたら4曲目「nice & easy」。あれ?1,4曲目がシングルではないので、どういうセレクトなんだろう、と、ちょっと楽しみに。

ようやくちゃんとしたMCに。観客はもうとにかく声援と拍手。暖かいなぁ、ラストに相応しいお客さんだとぐるっと見回す。とにかく2人を愛してやまないのが、はっきりと感じる。

そんな観客に向けて「陽のあたる坂道」。「戻れない道 振り返るたび 立ち止まってしまうよ」と唄う彼らに去来するものは何なのか?それに続いて唄われる「もう迷わずに まっすぐ 歩いてゆこう」とするのは「現在の彼ら」そのものだ。

いや、Do As Infinityって本当にいい歌作って歌ってたよ、ほんと。

この暖かさから一転「楽園」、そして「柊」へ。そして「rumble fish 」このランブルは賛否両論巻き起こした気がするが、ある意味ここから今へとつながっていくためには、どうしても必要な曲だったのでは?と振り返ってしまう。

そして、9曲目亮が武道館について話したあと、唯一ヴォーカルを録った曲、「徒然なるままに」。はやっ、こんな事でするんだ。と続いてそのA面「Week!」を。A面を譲ったとかそんな事言ってたけど、なんか相変わらずだな、亮君は。・・・無理だから(爆

そして、お久しぶりの道太郎がサプライズゲスト。はじめもうDAIが出てくるのかとちょっと思ったけど、あぁなるほどね、と。4曲演奏。DesireはなんかバランスよくLIVE映えがして好きなんだよね。道太郎君のベースもいいね。真実の詩はちょっとテンポも速めに、最後だからウー・ルー・チンとか来て演奏したら、エイベックスも宣伝に、とかつまらない事を一瞬思う。っていうか最後なんだから呼んでよ、みたいな。
under the moonって何かものすごく久しぶりに聞いたなぁ(亮君も言ってたが)。魔法の言葉は天井近くのモニターでPVとミックスした映像で。この曲もほんとに温かい。なんでもありな無限のバンドだった。

道太郎君が下がり、「空想旅団」「深い森」「科学の夜」「Yesteday & Today」このパートは淡々と、しかしみんなの声援をしっかりと噛み締めて受け止めている伴ちゃんの顔が印象的だった。LOVE&PEACE。ここで「Yesterday・・・」を歌うとは思わなかった。英語詞だとおもう、照明の演出もとても心憎い。1stアルバムの頃の曲は、どれも本当に思い入れあるね(いまだに一番好きなアルバムでもあるし)。

踊る準備は?というMCに続いてUP TEMPOな曲が続く。「For the future 」「under the sun 」「冒険者たち 」「one or eight 」そして「本日ハ晴天ナリ」

縦横無尽にステージと北側に設置している通路を観客とタッチしながら動き回る2人。とにかく楽しそう。こういう表情も彼らのよさだ。パッケージアーティストではなく、ライヴアーティスト。そう思う。路上から始めてみたが、ライヴがやはり苦手で手探りでスタートした彼女も、振り帰ってみれば6年も経つ。そして、こういうライヴを「今」している。それは色々な事を経て生まれたもの。6年も続いた来たのは一重にたくさんの成長と支えがメンバーを形作っていったんだろうね。

本編最後は「We are. 」。ちょっと意外ではあったけれど、この曲は2000年・・・だよな。ポスター大作戦とか・・・・この曲はほんと好きなので、なんか感慨深かかった。音楽はその当時を振り返られる力もある。

伴ちゃんの涙とともに、アンコールも始まる。
Field・・・の映像も非常に色んな事を感じさせ、TAOは意外にあっさりと、進んでいく。でも、この曲はなんかいいね。そして、お約束のSUMMER DAYS、この曲は本当に愛されたよね。
本当に彼らの曲はヴァリエーションが豊富だ。このときあがった爆発?、あれ、武道館であんなどーんってやっていいの?びっくりしたなぁ。普通ならこれ終了・・・と言ってもいいかもしれない。しかし、これはラストライヴ。これでは済まされない。

そして、ダブルアンコール。
長尾大がツインネックのギターを携えて登場、ようやく「あの頃の」Do As Infinityが揃った。
やっぱこれだよ、これ。というか最後に出なくてどうすんの?だったから。
この3人では3曲。私的にこの3人ではずせない「Heart」も演奏したけれど、この3曲ってなんか色んなものを象徴しているようだった。シングルをこれ以外全て演奏して、最後に演奏してないシングル曲として歌われたデビュー曲「Tangerine Dream」。そこに戻るんだよな、としみじみ。そしてその時の”タンジェリン”一色の照明。2chorus目からはバンドも参加して「過去」から「現在」へ・・・。にくい演出でした。

間違ってやり直したり、DAIをネタにして亮が突っ込んで、Vanちゃんが切れて(笑・・・
この3人だからこそ奏でることができるものや雰囲気っていうのは当たり前のようにあった。それが「Do As Infinity」なんだ、と。あの頃のように・・・・・・・・いや、それは言うまい。

しかし、DAI君。ステージ上でエイベックスに対してお礼したり、ファンに向かってエイベックス好きですか?っていう問いかけはやめとこうよ、そして最後に(エイベックスに対して)これからもよろしくお願いします、って言うのもね。完全にお茶を濁しちゃったよね。

まぁ私は泣きもしないし、一緒に手を振ったりしないんで(人の楽しみ方はさまざま)すが、ふと武道館を360°ぐるっと見回してみて、やっぱりDo As InfinityってSuppoterがいてこそのDo As Infinityだと思いました。
クレジットに必ずサポーターとあるのは伊達じゃない。ファンの人たちと「大作戦」と銘打って、色々仕込もうとしたあの時代がなにか懐かしい。こんなグループはそうそういないよ。
そう思ったら、なんかすごく胸が熱くなったな。ファンの人がライヴのノーカットを、って求める声が多いのがものすごくわかって感じるライヴでした。そうだよね、これちゃんと残したいよね、っていう気持ちがわかりました。(1月に発売されるDVDは完全収録と銘打っている)。私はもちろんメンバーの姿も忘れないが、こうして一体となって拍手したり、踊ったりそれぞれの思いでライヴに参加している観客の姿も忘れません。

ある意味Do As Infinityはエイベックスらしくて、最もエイベックスらしくない「集まり」だと私は別の所で書きました。それは今でもかわりません。

でもね、こんなに多くの人の支えがあって、今日という日を無事に終える事ができた幸せをスタッフ一人一人が感じたんじゃないだろうか。そして、メンバーもね。あれだけの観客から声の降り注いでいる(まぁ間を読んで声かけろ、って人も多かったわけですが)ライヴってそうそうないですよ。
いつまでも鳴り止まない、拍手、声援、ウェーヴ・・・これはあなたたちの紛れもない財産です。解散へと至ってしまった事はもう決まった事だから仕方ない。でも、今日のこのライヴは色んな意味で「真実」だったのではないかと思います。

正直言って武道館、音は普通に悪い。歌も完璧とはいえない。演奏もパーフェクトではない。でも、このライヴはそういうんじゃないんです。そんなものも含めて「生きているんだ、ライヴなんだ、メンバーも観客も自分の思いを伝えるんだ」と本当に感じることができたすばらしいライヴでした。

ここまで愛されているこのバンドのライヴを、この雰囲気を味わおうと来てみて本当によかった。

最後はやっぱり予想通り全メンバーで「あいのうた」。
泣いていた人ももちろんいたけど、これで最後は笑顔でおわれたんじゃないのかな?

そして、大団円。
約3時間20分。あっという間の、つかの間の出来事かのようだった。しかし、始まりがあれば、終わりもやってくる。

無限旅団の旅はこれにてひとまず幕が下りた。
でも、これで終わりじゃない。

いつかまたその扉が開くのを楽しみにするとしよう。
「タダイマ」とはじまるその日がもしかしたら来るかもしれない、くればいいね。

・・・そう。可能性は無限にあるのだから。


<セットリスト(間を空けてるのはMC)>

1.new world
2.遠くまで
3.Oasis
4.nice & easy

5.陽のあたる坂道
6.楽園
7.柊
8.rumble fish

9.徒然なるままに

10.Week!

11.Desire
12.真実の詩
13.under the moon

14.魔法の言葉~Would you marry me?~
<11~14 Guest Bass:道太郎>

15.空想旅団
16.深い森
17.科学の夜
18.Yesterday & Today

19.For the future
20.under the sun
21.冒険者たち
22.one or eight

23.本日ハ晴天ナリ

24.We are.

-Encore-
25(e-1) Field of dreams
26(e-2) TAO

27(e-3) SUMMER DAYS

W-encore
28(e-4)Wings

29(e-5)Heart

30(e-6)Tangerine Dream

31(e-7)あいのうた
<28~31:DAI、28~30:DAI,VAN,RYOの三人で>

この記事に点数をつける
関連記事

テーマ : Do As Infinity
ジャンル : 音楽

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

愛のサヨナラDo As Infinity

今日11月25日は、DoAsInfinityのラストLIVEだ。すでに宴は終わり、この世から完全にDoAsInfinityというバンドはなくなった。いや、もう既に9月29日で解散しているので、今日は一夜の幻が舞い降り

Do As Infinity Finalで感動

1万5千人の観客を集めて、楽しくそして超感動3時間jh半でした。シングル曲は全てやってくれました!!こちらも1曲ずつ集中して聴いて、そして集中して楽しみましたよ!!それではセットリスト順に感想をどうぞ!!01.「new world」・・・1曲目が「new world」とは!!ちな....

さようなら、Do As Infinity

 9月29日に解散した人気ユニット、Do As Infinityが2005年11月25日、東京・日本武道館で1夜限りの復活ファイナルライブを行った。 オイラはかなりのファンだっただけに、さすがに解散は残念だ。 a-nation'05にも参加していただけに、直後の「解散!...

DoAsInfinity

FINALの様子を見ました。なんていうかもう・・・DAIさん泣かせすぎだよ!!!号泣)もう、さ。。セットリストとか、全部ひっくるめて泣かされます。改めて自分が本当にDoAsInfinityが大好きだったってことを実感します。や、語弊が!今もDoA...

Do As Infinity ラストライブ in 日本武道館

今さっき、武道館から帰ってきた。というのは、今日はDo As Infinityのラストライブだったから。(研究室から幽霊のごとくこっそりとフレームアウトしたというのは内緒…ι)武道館に15時半入りしたのにも関わらず、そこには人、人、人。列の最後尾が門まできていたよ....

ファイナルライブ♪

参加してきました、Do As Infinityのファイナルライブ♪めっちゃ楽しかったです。最後だから、もっと悲しい雰囲気になるかなって思ってたんですけど。すっごく楽しそうにライブしてるDo Asを見てると、こっちまで嬉しくって楽しくなって。会場に....

Do As Infinity-Final-  ?

昨日の記事の続きです。会場には、6時に到着。グッズは売り場への長蛇の列に購入を断念。(通販にしました)会場に入ると360度観客席があるのにビックリ。武道館では初めて見ました。(他だとサントリーホールしか思い出せない)ビジョンも比較的小さなものを4基

Do As Infinity

Do As Infinityの最後のライブに行ってきました。完璧には覚えてないんで、断片的に書いていきます。まずグッズ販売に長蛇の列、中に入るのに長蛇の列、極めつけは男性トイレに長蛇

Do As Infinity -Final- 感想♪

昨日はレポ・・・というより、全曲名を突き詰めていて(笑)、それだけで終わってし麻衣ましたので、今日改めて感想など・・・。(笑)

Do As Infinity LIVE -Final- 武道館 2005.11.25 ライブレポ.1

 Do As Infinityが9/29に解散して約2ヶ月。先週末の11/25には日本武道館で解散ライブが行われた。開演からダブルアンコールまで3時間以上、全21曲のシングル曲を含む31曲を披露し、最高のパフォーマンスと最高のファンに囲まれて、6年間におよぶ活動の最後を締めくくった。

Do As Infinity@武道館

【→※人気ブログランキングに登録してます。】開場時間前後、物販がものすごい列になってたなあ。蛇行の末、お城の門外まで伸びてた。後ろのほうは開演前に買えたんだろうか。開演は…とつぜん場内が真っ暗になって始まった。伴都美子、大渡亮とも、いつも通りな感じの格好

コメントの投稿

非公開コメント

記事に感動・・・

ファイナルに行っていないオイラでも、胸を打たれる記事でした。
まるでここは「武道館?」みたいなレポで、凄い見本になる書き方です。
一曲一曲Do As Infinityへの思いが、伝わる文章で・・・

しかし「Trust」の音源が、デモテープで終わってしまうのは、残念でなりませんね。

ありがとうございます。

>宝物さん

コメントありがとうございます。
やはり自分の書いたものに反応があると嬉しいですね。(SNSでもたくさんコメントいただいているのですが)観てない人でも伝わればとおもって勢いと冷静とが同居して一気に書いたものです。なので、細かい文章表現とかそのまま残してます。見本になるかどうかはわかりませんが、伝わってよかったです。読んで頂いてコメントまで残して下さるのは、何かを思っていただける、ってことなので。重ねてありがとうございました。

本当はこういう風に全部書きたいんですが、音楽に関するものはまじめに書こうとする気が強すぎて簡単に書いてるのがいまほんとのとこです。

「Trust」は正直言って音源になる事もLIVEでも歌うことはないだろうと思ってました。で、それはエイベックスのせいでもないと思ってます。あくまでも、DAIのコメント読むとね。・・・とても残念ですが、いつかまた出合ったときに、お互いがお互いもう一度やってみようとなったときに、出会う1曲になるかもしれませんよ。

お疲れさまでした

流石ですねレポ。
この武道館で私の自称サポーター活動も終了です。
最後までライブを見て思ったことはやっぱり最初に好きになった3人のDo Asが一番好きだって事。
個人的にはライブとしてはあまり楽しめませんでしたが感慨深かかったライブではありました。
フライヤー作戦とかあったなぁとか、この曲には○○さんの○○な話があったんだよなぁとか。
おそらくこれからは私は個々で活躍する三人の姿を生で見る事はないでしょうが、この先ずっとDo As Infinityの音楽が好きだって事は変わらないと思います。

やはり。

コメント残していただきました、EK4@やまっちさん。ありがとうございます。

人それぞれ何かを刻んだんじゃないですかね、このライヴは。

>個々で活躍する三人の姿を生で見る事はないでしょう

これについては分からないですね、正直。一回見てから考えます。可能性は消さないので。

素晴らしいレポですね!

初めまして♪
Do AsのBBSから伝ってまいりました。
しげっちと申します。ぺこりm(_ _)m
しげっちもDo Asファンですが、今回が最初で最後のライブ観戦となってしまいました。
見事なレポですね!
しげっちも書きましたが、これには程遠いですね・・・。(苦笑)
もう1本、レポは書き上げて、キリ番ゲッターへのプレゼントでアップ待ちなんですが・・・。(笑)
でもホントに伴ちゃんのバラードを生で聴いてると、涙がこみ上げてきてしまって・・・号泣でした。
ライブDVDはノーカットの予定なのですね!
楽しみに待っています。
トラバさせてもらいますね~♪

あの場に立ち会えて良かった・・・。

遅くなってしまいましたが、前に何度かお会いしたことのあるきくりんです(安藤裕子のライヴのときも一緒でしたね。)。
Do As Infinityのライヴに立ち会えて良かったなぁ、としみじみ思います。4日たった今でもあのライヴの残像が焼きついて離れません。
アンコールで、長尾大さんと一緒に渋谷ハチ公前のころを再現してくれたのは本当に良かったと思います。初期のころのDo As Infinityを知らない私にとっては本当に新鮮でした。
私はDo As Infinityのライヴは実は初めてで、最後になってしまいました。今度はこの三人の行く末を本当に暖かく見守っていきたいと思います。そして、その三人のTAOが再び交わって欲しいということも。

>しげっちさん
ありがとうございます。

いや、ノーカットとは書いてなくて完全収録になってますよね?
しかし、品番は1枚組の品番。
どういう事?
エイベックスにはきちんとした対応を取ってもらいたいですね。

>きくりんさん
君。オフィシャルBBSに書いてたでしょ?
見たぞ。
まぁ、安藤さんの時は連れがいたからね。
再結成はないと思いますが、可能性はなくはないので。最初で最後、よかったじゃん。

トラバありがとうございました!

たびたび失礼いたします。しげっちです。
トラバどうもありがとうございました~!

そうか・・・ノーカットじゃなくて完全収録なんですね・・・。
あのウェーブのシーンとかも是非入れて欲しいですね・・・。
Do AsのBBSを見ると、ノーカットの要望の声も沢山あがってますし、値段を変えてもいいからノーカットにして欲しいものです・・・。

あ、あと宣伝まじりになってしまって申し訳ないのですが(汗)、自サイトのキリ番を踏まれたので、ライブレポをTOP→しげっち音楽館にアップさせましたので、よければ見てやってください。ぺこりm(_ _)m

No title

3年前の日記にコメします。

無限旅団の旅はこれにてひとまず幕が下りた。
でも、これで終わりじゃない。

いつかまたその扉が開くのを楽しみにするとしよう。
「タダイマ」とはじまるその日がもしかしたら来るかもしれない、くればいいね。

・・・そう。可能性は無限にあるのだから。


この言葉。本当になりましたね

ありがとうございます。

まささん、ありがとうございます。
3年前でもこうしてコメント頂けるのは残しておいて、書いておいてよかったな、って想います。
そしてこのエントリーは真面目にかいておいて良かったです(苦笑
もうちょっと真面目に書くか・・・


ホントまた実現しましたね。嬉しい事です。
新曲とかライヴとか見ててもまたあの時の事がよみがえってきます。
音楽って本当に力があると想います。
プロフィール

ライヴマスター (livemaster)

  • Author:ライヴマスター (livemaster)
  • Music Connect-er。CD-SHOP Wanderer。音楽は仕事というより音楽好きでいたい。その方が楽しい。人と音楽を繋げたい。まさにLinQ。お仕事の依頼問い合わせなどはlivemaster1999@gmail.comまでメールを下さい。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリー
tweet
リンク
最近の記事
ブログ内検索
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
3065位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
邦楽
455位
アクセスランキングを見る>>
AMAZON
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
AD
1
RSSフィード
最近のコメント
最近のトラックバック
QRコード
QRコード
バナー



人気blogランキングへ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

C
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。