スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

植村花菜「トイレの神様」



関西弁の歌詞、9分以上もある曲。
でも、これはフルで聴いてほしい。是非、歌詞も読んでみて下さい。ストレートな歌詞はきっと貴方の胸の中にそっと入ってきてくれるので。

それ以上言うのは無粋かな。
聴いたら、わかってくれると思うので。
是非、聴いて下さい。


そんな想いが関西の放送局も応援した。OAと共に話題に。関西から波紋のように広がっていった。有線でも1位らしい。今この時も広がっている。前作、いやもっと以前から関西で地道にやってきた事も、デビュー以来本当に色々な場所で知ってもらって全国で彼女を応援したいっていう業界人が多かったのも、きっと今この時がくるって信じていたからなのかもしれない。



花菜ちゃん、よかったね。
ようやくこの1曲っていわれる曲ができたと思うよ。

わたしのかけらたち (DVD付)わたしのかけらたち (DVD付)
植村花菜

キングレコード 2010-03-10
売り上げランキング : 7

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スポンサーサイト

植村花菜@新宿TOWER

あー、緊急の件がでたので、とりあえずの更新。

えっと、なかなかの人でした!
握手会並びました(笑
長蛇の列。
なんか久々にこういうのに並ぶと新鮮ですな。


握手するとき、なんかどきどきして逆に緊張しました。

握手するときに「ファンです!」って言ったら、
大爆笑されました(苦笑
そりゃそうだろ(爆

あー楽しかった、へんな意味で。
キーボードは小林健樹。あれ?イメージ変わった?
アルバム「愛と太陽」からの曲ばかり、という事で(苦笑
早く聞いてみたい。

セットリスト

1.Only You
2.ミルクティー
3.太陽
4.最後のKiss
5.すばらしい日々
6.あなたのその笑顔はいいヒントになる


あなたのその笑顔はいいヒントになるあなたのその笑顔はいいヒントになる
植村花菜 いしわたり淳治 松岡モトキ

キングレコード 2007-09-26
売り上げランキング : 2693

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

植村花菜 他@日比谷公園

ニッポン放送のイベント?ラジオパークへようこそとかなんとか。

ビアンコネロ3人になってからはじめてみた。


で、次が植村花菜

1.ミルクティー

2.やさしさに包まれたなら

3.紙ヒコーキ

以上3曲。えー3曲???短くない?って言ってた人がいましたが、紹介するMCが英語でThree Songsって言ってたから
3曲です(笑 よく聞きましょうね。

とりあえず、本人のせいではないけれど、
音がショボイ。
これだと本当に出る意味があるのかどうか、イベントに呼ばれていくというのは全然いいんですけど、のべつ幕なしに出る時期はそろそろやめたほうがいいかもしれませんね。
正直言って、これは今後彼女が売れるのかどうかを考えた時に必要なプランニングだと思うのですが。

PAに戻るともっと出音のレベル上げてあげないと。PAさんすぐに気づきましょう。途中変わりましたが、それでもまったく・・・あと、マネージャーさんも後ろにいないで出てきて音のチェックしてPAにいうとか方法はあるはず。ギターの音も考えて音を作ってあげないと貧素にしかなりませんよ。

ギターはまぁあいかわらず厳しいかもしれませんが
練習してください。歌は別になんだろ、全然その前に学園祭あったわりにはよかったです。

ガンバロウエムラ。


その次は加藤いずみさん。
久しぶりに見た。
1.坂道 2.好きになってよかった 3.忘れた・・・
好きになってよかったは染みますよ、ほんと。名曲です。

3曲目の途中で会場をでました。
次があったのでね。

今回はでまちとかしやすかったのでは?
>紙の長い人、その他の方

ちょっと今回は植村さんには厳しい意見かな?
でも愛情の裏返しという事ですよ(きっと)

植村花菜の公式TOP

植村花菜の公式TOPの写真が変わっていた。しかし激しく微妙な写真なのだが、何を基準にこれを選んだんだろう・・・。

本人の丸顔を強調させたかった・・・とか?
この写真を見せてダイエットでもさせようとか?

ちょっとセンスを疑うなぁ。
マイナスにしか見えないよ、これじゃ。

テーマ : 音楽ニュース全般
ジャンル : 音楽

7/31 植村花菜@BAYSIS

横浜@BAYSISに。本当は先週末に行く予定の箱だったのだが、
立て込んで行けずじまいだった。開場前に行くともう結構人がいる。
知り合いももちろんいた。
開場して番号が30番台だったのに、なぜか2列目、真ん中の席。
・・・みんななぜに遠慮する?(笑:これは全公演同じ現象)

という事でスタート。1曲目からミルクティーか、いつもギターをチェックしてしまう曲(爆
だって、CDの音源のアレンジがすばらしいんだもん。1、2曲目を聞く限り、ちょっと疲れているのか、ギターがおぼつかないし、声も少しお疲れ気味に聞こえる。確かに過密日程ではあったし・・・。
とか思ってたら段々声も出てきたようで一安心。
カバーのコーナーではかるーくいしだあゆみさんのブルーライトヨコハマも披露(笑ファンにとって嬉しい出来事なんじゃないかな。今日はサザンの真夏の果実。こういうのもいいですね。今日のトゲと花はちょっとおそるおそるな感じでした(苦笑
最後に本人にちらっと聞いたんだけど、やはりキーボードとなると、勝手が違うようですね。
まぁ3公演目なので、詳細は書かないけど(笑。

でも、彼女は本当に背伸びをせずに音楽を、そして観客を楽しんでいる。その姿はお客さんにも確実に伝わっているんだと思う。
歌いたいから歌うだけ、アーティストとしてはごく当たり前の「衝動」。何も飾ることのない、自然な姿。

きっとそこがたぶん私をLIVEに行かせる要因なんだと感じる。
本当にがんばってほしいアーティストの一人でもある。

というか3公演目にして、初めて全部観れたよ(笑
終了後はいつものようにサイン会。
そんなこんなで3公演。宇都宮は行けないので、次はExtraのAX。


1.ミルクティー
2.そばにあるもの
3.メロディー

4.大切な人
5.あしおと

6.虹色の風

(笑)ブルーライトヨコハマ(のさわり)

7.真夏の果実

8.その先の想い
9.泣いてもいいよ

10.やさしさに包まれたなら

11.トゲと花

12.ハラペコブギウギ
13.恋の魔法

14.歌いたいから歌うだけ
15.キセキ

e-1.紙ヒコーキ
e-2.いつも笑っていられるように

植村花菜「いつも笑っていられるように」

いつも笑っていられるようにいつも笑っていられるように
植村花菜 松岡モトキ 弥吉淳二

キングレコード 2006-01-04
売り上げランキング : 5835

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


2005年5月にデビューした女性アーティストであるが、地元大阪でストリート・インストアなどで好評を得ていた。
1STアルバム。

全体を通して聴いてみれば、身近に感じられる部分と少しお化粧を施したようなアルバムだと感じられる。

ただ、基本的にALBUM VERSIONの2曲は少し違和感を感じる。melodyはまだいいにしても、キセキのアレンジされたオケとヴォーカルの一体感がまるでない。ヴォーカルトラックに後からオケを乗せました、と言うのが非常にわかってしまうのはいかがなものか。この辺は制作スタッフも一向すべき点だと感じる。
また、曲のテンポが似通っているせいか、とても暖かく感じられる反面、少し物足りなさも感じてしまう。

これはライヴなどを見た上で書いているが、もっと色々な魅力をもったアーティストなのだから、そこを出してもいいのではないだろうか?たとえば、ボーナストラック以外で弾き語りを入れる等、1stアルバムならではの紹介や遊びが欲しかったようにも思える。
まぁ、これは、逆に思い入れがあるからこその部分で、全体的に言えば、次回に期待というか、次に彼女がどうしたいのかというベクトルが試される部分であるとも思う。

この1STを聴いて2NDまでのリリース期間をあまり空けない方がいいかな、と感じる。
キングにはもう少しがんばってもらいたい。

ボーナストラックの「はらぺこブギウギ」は素の彼女がとても身近でライヴを行っている感が味わえる。これだけを聴いてもとても魅力的だ。

というかとにかく笑顔に癒される大好きなアーティストです。

*1月に書いていたものを発見。これはこれでいいのでそのままあげときます。

テーマ : 女性アーティスト
ジャンル : 音楽

植村花菜@名古屋 松坂屋

今日は名古屋で仕事をいったんした後に、インストアを観にいきました。

植村花菜@松阪屋

松坂屋の広場でした。
お客さんは100人ぐらいはいたんじゃないですかね。
結構なごやかーな雰囲気(しゃれじゃない)

今日はキセキ弾き語ってました。これは新鮮でした。

ミルクティーはギターとカラオケを被せ、恋の魔法はカラオケで。

終了後、サイン会。なんか券とかなかったんで、
持って行ったら普通にサインしてくれそうな感じでしたね。

帰り誰もいなくなって、ふつーにスタッフと出て行きました。

セットリスト
1.ミルクティー
2.大切な人
3.キセキ
4.恋の魔法
5.いつも笑っていらえるように

植村花菜「いつも笑っていられるように」

いつも笑っていられるようにいつも笑っていられるように
植村花菜 松岡モトキ 弥吉淳二

キングレコード 2006-01-04
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



2005年5月にデビューした女性アーティストであるが、地元大阪でストリート・インストアなどで好評を得ていた1STアルバム。

全体を通して聴いてみれば、身近に感じられる部分と少しお化粧を施したようなアルバムだと感じられる。その感覚がちょっと面白い。

ただ、基本的にALBUM VERSIONの2曲は少し違和感を感じる。melodyはまだいにしても、キセキのアレンジされたオケとヴォーカルの一体感がまるでない。ヴォーカルトラックに後からオケを乗せました的なのはいかがなものか。この辺は制作スタッフも一向すべき点だと感じる。
また、曲のテンポが似通っているせいか、とても暖かく感じられる反面、少し物足りなさも感じてしまう。

これはライヴなどを見た上で書いているが、もっと色々な魅力をもったアーティストなのだから、そこを出してもいいのではないだろうか?たとえば、ボーナストラック以外で弾き語りを入れる等、1stアルバム
ならではの紹介や遊びが欲しかったようにも思える。まぁ、これは、逆に思い入れがあるからこその部分で、全体的に言えば、次回に期待というか、次に彼女がどうしたいのかというベクトルが試される部分であるとも思う。

この1STを聴いて2NDまでのリリース期間をあまり空けない方がいいかな、と感じる。キングにはもう少しがんばってもらいたい。

ボーナストラックの「はらぺこブギウギ」は素の彼女がとても身近でライヴを行っている感が味わえる。これだけを聴いてもとても魅力的だ。


とつらつら書いてはみたものの、ずっと聴いてるアルバムでもあるのです、はい(結論はそれか)。

2月のFABと3月のDUO。間違いなく行くでしょう(FAB抽選で当たる気満々、当たらなかったらそれはそれで考えよう)。

植村花菜 インストア HMV@新宿SOUTH

Do Asのラストライヴが終わって、なんだかおかしな時間の流れ方に
なってますが、26日は植村花菜のインストアに行ってきました。
見に行こう見に行こうと思ってて、全然時間あわなかったんですよね。
なので、行ってみようと。

そういえば、23日にシングルでてたんですよ(すまん)。すっかり忘れてて、インストアで買ったら何か付いてくるかも(関西人性?)という事で行ってみてそうだったので会場で始まる前に買っておく(用意周到)。基本的に5分前とかギリギリオンタイムでないと行かないので(前で見るとかいう感覚は特になし)、買ったらもうすぐに始まった。

客層はほとんど男性でちょっと年齢層高し(まぁそうだろうなと容易に推測してましたが)。

出てきた彼女はやっぱかわいいし美人。

で、話し方も途中で関西弁っぽくなって、ちょっと甘ったるい声で、息継ぎせずに話すので、めちゃくちゃかわいいんですよ、これがまた。
(上記の客層になる訳がとてもわかる)公式によると22歳。あれ?そんな若かったのね、25歳とか28歳とかそんな感じのイメージでした。
そっかぁ、と妙に納得。

で、あれ?どっかで見たギターだと思ったらなおとくんとていほうくんでも大活躍、遠山哲朗君じゃないですか。
こんな所で!(笑
きっとあの会場で哲朗君の事知ってる人ほとんどいないと思うんですけど、私にゃそれで二倍楽しめましたね。

ミルクティーとか生で聴いてみたかったんですが、ちょい緊張気味でも充分に伝わりました。
で、Version違いみたいに紹介したメロディー。
そして、ユーミンの超有名曲「やさしさに包まれて」をスローテンポにしてカバー。これも、意外にいい。

4曲目、5曲目はカラオケにギター2本重ねて歌ってました。
これですね、正直言って微妙でした。しかも、さらっと合えばいいのですが、音を出す人とタイミング合わない、合わない。残念なんですが、これではプロフェッショナルとはちょっと呼べません(でも、かわいいから許す)。ここはもうちょっと頑張らないといけない点ですが、まだ22歳だったらいいや。

まぁ、そんなこんなで終わり、特典はサイン入りポスターとの事。
当たり前ですが、貰って握手なぞしてみました。家に帰ってなかったので、怪しい風貌になってましたが(笑

えーとですね、かわいいです(笑)、好きです(爆
こういう子いいよねぇ(しみじみ)

もうちょっとまじめに書け!っていわれそうなので、まじめに書くと、この子はナチュラルでいいですよ、例えば今回のジャケ写のようなメイクとかは逆に彼女の魅力を損ないかねないんじゃないでしょうか?今回のシングルのアレンジにしても、ちょっとポップ感出しすぎというか、やりすぎてて、彼女を立たせているって感じじゃないんですね。(まぁゲームのリクエストもあるのかもしれませんが)
また曲もこのアレンジだと鮮烈なものとか薄れてしまってて、あまり残らないんですよ。今後こういう方向でするのかどうかは、まだ分からないのでアルバムを待ってみますが、彼女を「アーティスト」として成功させたいのか、「綺麗なモデルさんみたいな女の子」が歌ってますで終わらせたいのかと言う意味では、明確な方向性を持った方がいいと思います。
こういうインストアだと、ストレート(厳密には違うんだけど)に声が聞こえてくるし、こっち(ライヴ)の方がいいと思います。(でもCDのミルクティーのアレンジ感はとてもいいのですが)声も個人的には好きですし、一生懸命やろうとしている所がとてもいいですね。かわいいし(そこかよ)。

キングさんもアーティストとして久々?にちょっと売れそうな子なので、大切にプロモーションしてあげてくださいね。(お前誰だよ(笑)

今後も大阪・東京でイベントが目白押しなので、よかったら行ってみて下さい。まぁキングさんらしいというか、アキバのゲーマーズとかで12月にありますが、それってありなんですか???????疑問です。お願いしますよ、ほんと。(その日は偶然にアキバに私いるはずなので、仕事終わったらその後ヤマギワソフトでおこなわれるほうには見に行きますが)

という事でライヴを見ていてあれ~って思ってた事があって、今公式のプロフィール見て確認しました。やっぱこの子一回みてるわ、阿倍野で(笑



セットリスト
1.ミルクティー
2.メロディー
3.やさしさに包まれたなら
4.キセキ
5.恋の魔法

なんでも貰ってみるもんだ

kana


真夜中で体調も芳しくないのに
さっき家を整理していたら、発見。

画像は携帯で見難いかもしれませんが、植村花菜のインディーズ時代
のCDフリーサンプラーです。未開封のものと開封のものがありました。

あれ?聞いてたんですねー(笑

レコード屋さんにおいてあるフリーサンプラーですね。
レーベル面はちゃんと印刷されてますが、画像で映ってるのはパッケージビニールにシールを貼っただけのもの。インディーズっぽいです。
思えば、こういうの、いっぱい持ってます(笑

関西育ちなんで、貰えるもんは貰っておこう的な感じでしょうか。

(私ポスターコレクター、フライヤーコレクターって勝手に呼んでいい
ぐらいたくさんありますね。ヤバイぐらい。)

ベルウッドレコードからって事で、キングから発売されるのは必然的なものと言えましょうか(なるほど、だからキングなのか)。

なるほどー。
つながるもんだなぁ、と少し自分が恐ろしくもなりました(苦笑。

なんでも貰って見るもんだ。

植村花菜 「ミルクティー」

B000A1EDTIミルクティー
植村花菜 松岡モトキ 大森祥子

キングレコード 2005-09-07
売り上げランキング : 1,891

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


最近、女性ヴォーカルばかり紹介してますが、まぁ、諦めてください(笑

彼女のリリースは少し前で、関東地方では放送最後の「Sound Weather」っていう
PVの上に天気予報が流れる番組で、集中OAされてたので、聴いた人も多いかと思います。
(私みたいに「めざにゅー」始まっても起きてるような人)

で、上記の番組でイントロ流れたのをきいて、おっ、誰?みたいな(笑
つかみでつかまれました。しかも、美人。こりゃ、買いでしょう、ってね。すぐに購入。

イントロのギターのカッティングが印象深く、そして全体的に乾いた楽器の音と
彼女の声が非常にあってます。(プロデュースは松岡トモキ氏でBONNIE PINKとかやってるので、
イントロ聴いて「その音」だとピンと来た人も結構居ると思います)。ドラムや打ち込みの小気味いい音で
何回でも聴いていられる、そんな心地よさもあります。(総じて、POPだという見方もできますが)

うた自体は出せる音域がそれほど広くはなさそうだし、めちゃくちゃ巧い、というのではありませんが、
この曲の雰囲気全体を見てもとても合ってます。

大阪の方が中心で活動しているみたいですが、もっと知られててもいい人だと思います。
(1stシングルは今をときめく売れっ子プロデューサー(笑)亀田誠治氏が手がけてます)

まぁ、レコード会社がキングなんで、どうやって売り出していくのか難しい楽しみではあるのですが。
アニメのほうとくっつけて行くイメージが強いし、実際そういう動きはあるようです。

来月シングル、来年アルバムも発売。

今後楽しみな人です。


プロフィール

ライヴマスター (livemaster)

  • Author:ライヴマスター (livemaster)
  • Music Connect-er。CD-SHOP Wanderer。音楽は仕事というより音楽好きでいたい。その方が楽しい。人と音楽を繋げたい。まさにLinQ。お仕事の依頼問い合わせなどはlivemaster1999@gmail.comまでメールを下さい。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリー
tweet
リンク
最近の記事
ブログ内検索
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
3065位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
邦楽
455位
アクセスランキングを見る>>
AMAZON
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
AD
1
RSSフィード
最近のコメント
最近のトラックバック
QRコード
QRコード
バナー



人気blogランキングへ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

C
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。