スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花の詩女ゴティックメード 見てきました。

「花の詩女ゴティックメード」を見てきました。
正直予想通りだったし、そうだったんだな、と。そういう意味では期待通り。
見てたらわかりましたよね。ラブ君の存在すら一番初めにわかっちゃったもの。

思ったのは、結果的に永野護が描くもの全てが”五つの星の物語”なのだと
恐ろしい程わかる・伝わるアニメだと思います。

マモルマニアなら理解しているコマの中で彼の描く能動的で動いているはずの"画"
が映像として描かれている点。ウォーキャスターが移動する一瞬だけが見える、実際は
高速で移動しているみたいな映像がマニアでなくてもわかりやすく伝わったと思います。

にしても、こんな事をやってしまうNAGANOは凄いね(半分褒めて半分呆れてます)。




しかし、ある意味原作ありだし(笑、ロボットアニメという言い切る割にはほとんど
そのシーンがなかったのはご愛嬌ですね。さすがです。正直、彼だけの手だけなら
あとまだ公開まで数年かかったと思いますし、プロダクションI.G.他様々な人の
手を介在してよかったのではないでしょうか。

それにしてもわざわざその設定を隠さなくても別によかったんじゃないの?
とは思います。そしたら、もっと動員伸びるかも。そこはプライドかな。

最終的に、NAGANOはFive Star Storiesを休んでいたわけではなかった、
という事ですね。

L.E.D.に引き継がれる透明装甲をアニメで動かせたのは永野さんにとっても
感無量だと思いますよ。まぁどちらかっていうとデザイナーの自己満足的な
作品ですから。

そして、それらを見てしまう私みたいな人がたくさんいるんですけどね。

続きを読む

スポンサーサイト

それってどうなんよ?

今日映画の日で千円だからって「涼宮ハルヒの消失」リピーターキャンペーン目当てで
1度に券80枚買ってる人がいた。

80枚ですよ?映画館の人もぽかーんとしていた。
8万円でフィルム40枚か。

業者かマニアか知らないけど転売すれば2千円以上でチャラだしいい場面なら儲かるね。そか。確かに効率的かもね(笑)

でもそれってどうなんだ?

一人でも多くのファンに行き渡るように、何らかの制限はつけたほうが
よくないか?劇場によってはまだ配ってるとこあるようだし。

あ、私はちなみに喫茶店でキョンが小泉とハルヒに話しをしているシーンでした。
(って事は2回みてるのか、俺?)

いや、この映画、相当よくできてると思いますよ。
ただ、アニメとか小説読んだ事のない人は全然わからないだろうけどね。

優しい忘却優しい忘却
茅原実里

ランティス 2010-02-24
売り上げランキング : 115

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


涼宮ハルヒの消失 (角川スニーカー文庫)涼宮ハルヒの消失 (角川スニーカー文庫)
いとう のいぢ

角川書店 2004-07
売り上げランキング : 566

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

マクロスフロンティア

かなりの好調らしく見てきました。久し振りにアニメアニメしたもの?みた気がしましたが。仲林さんよかったね~と感慨しつつ(笑)

仮面ライダーディケイド 終了。

いやぁ。仮面ライダーディケイドが終了???した。

おいおい、1秒1秒過ぎるたびに、これでいいのか?????と想ったら、
予想通り、冬の映画で完結ですか。本当に、もう。これ、見に行かないといけないじゃん(笑。

そもそも、1年じゃないのは知ってたんですが、前回のタイトルが「ライダー大戦・序章」、今回の最終回が「世界の破壊者」・・・で、ライダー大戦・本編は?

と想ったときに、やっぱ確定だな、と想ってみてたわけです。

最終回じゃないよ、これって想いつつ、普通に「次回へ続く」の終わり方で終了。
はい、そのまま何事も無かったかのように予告編で劇場の予告編。12月ってさ。

そういえばさ、東のエデンもシリーズがあれで、映画で完結だよね、ガンダム00は映画化されるけど、あれはテレビの続き?TVドラマではTVシリーズの最終回→映画で完結ってパターンが、ここ数年本当に多くなってきたんだけど、とうとう特撮・アニメにも波及してきたか。

でも、TVドラマにしても最終回は最終回なりの終わり方ってあるじゃないですか。

このディケイドは本当に「締め」がなかったですからね(上記のとおり)。

なんか、軽い詐欺にあったみたいだよ(笑


たくさんの複線が結局回収されないままなのは、平成仮面ライダークオリティですが、ラスボスがアポロガイストなのは、しょぼすぎるし(苦笑:しかも復活を示唆してるので、映画でも出てくるんでしょう)
で、士の正体は?どこから来て、彼の世界は?鳴滝は実際誰なのか?そして、本当のライダー大戦は?

・・・続きは劇場で!!!
おいおい、映画の「予告」編を31話も使ってやるんじゃないよ(笑

商品化の件とか、大人の事情はあるにせよ仮面ライダーWなんてやるんじゃないよ、
というのが今の感想。次のWは沢山色違いがあって、たくさん商品化できそうですね(笑
大人の事情は大いにあるんでしょうけど、電王で儲かってるはずなんだけどなぁ・・

さすが仮面ライダー。中途半端でした。

今回出てきたオリジナルのブレイド役の椿君、キバ役の瀬戸君など、オリジナルを見ていた人は
体温1度ぐらい暑くなったかもしれませんし、仮面ライダーBlack編では、まさかの倉田てつをさん(当時の主人公)がでてくれたんですが・・・ウルトラマン40周年を記念してつくられた「メビウス」も当時の主人公の役者さん(タロウを除く)が出てきて、かなりの神シリーズでしたが、もうちょっとその色合いがあれば面白かったのに(でも、オダギリジョーや最近だと佐藤健や水嶋ヒロなんかは確かに出れないわな・・・)

いやぁ、歴代の仮面ライダーでも消化不良最高のシリーズでした。

(ちなみに私が気に入っている一番ましでかなり大人色の強かった哀愁あるエンディング脚本だったのはブレイド)

・・・でも劇場に行きそうな予感、99%(爆
・・・なんだろ、このやるせないモヤモヤ感は。

今回の劇場版、機会があれば見に行こうと想ったけど、やめた(笑、
冬でいいわ。

エンドレスエイト

涼宮ハルヒの憂鬱って正直全然興味が無かったんですよ。

ライトノベルがあるのはもちろん知っていたし、絵も知ってたわけです。
それでも読もうとあまり思わなくて、別に見なくても、とそのままでした。
もちろん2006年アニメ化された時は見てなくて、今回始まった時もあぁ、またやるんだ、ぐらいしか思わなかったわけです。

そんな中、たまたま、新作が放送される、みたいなネットニュースを見て、なんだかすごい盛り上がってて、そうか、そんなに盛り上がるんなら一度みてみよう、と録画してみてたんですよ。
それが新作の「笹の葉ラプソディ」だったんですが、なんだかそこから毎回見てたんですね。

まぁ、なんか一回みたから習性?

で、「エンドレスエイト」ですよ。

いやぁ、これはどうなんでしょうね。問題作でした。
結局、終わるのに8話。全部同じ話。画とか台詞が微妙に変わっているので、
厳密には違う話なんですが、2ヶ月縁々同じ話を少しずつ変えて放送するっていう、もはや暴挙(笑

3回目ぐらいかな、見たとき、あぁこれ8話分使うんだろうな、エンドレスエイトだしな、
ちょっとクダラナイな、と(笑

私はファンとかじゃないから全然受け入れててなんか普通に見たんですよね。どこまで続くかな、みたいな(その時点でスタッフの思惑にはまってるのか?)。ファンの人も賛否両論だったみたいでネットのニュースでもちらちら出てました。

で、やっぱり8週。

結局のとこ、これループするにしても3話ぐらいでよかったんじゃないの?
みたいな気がします。ちょっとひっぱりすぎましたね。
だって、結果的もループが終わる話も3話見てりゃ、原作知らなくてもそれだろ、って気づくしそのとおりだったし(安直でしたね・・・)。

8月8日に終わらせるってのも洒落の一つなのかね?
(だろうな・・・8月8日でエンドレスエイト、8っていうずっとループな数字なんだし)

これ、スタッフ側だけが面白いって思ってファンの人を置き去りにした典型的な例じゃないかと若干思います。

この後当然、DVDが発売すると思うんだけど(今回は新エピソードが商品化される)、
ファンの人買うんだろうか。
8話分全部エンドレスエイト(笑。
アニメーションお得意の特典を満載してもちょっとこれは、なんだとおもいますが。
っていうか、これ8話で1BOXにまとめるんだろうな、と思ってたんですけど、
どうやらそうではなく、2話で1リリースっぽいです。
としたら、4巻分なわけです。

そしたらその分だけ値段が掛かるわけです。

そうすると本当に熱狂的に集めている人にとってはなんか余計に商品を買わされた、みたいになるような気がします。

ハルヒものなんだからファンはお布施しろ、ってスタッフが言ってるような。

まぁ、どういうものにしたって熱狂的なファンもいるし、中毒的にこれも面白いっていうファンも
いらっしゃると思うので、そんな事思わずに買うのかもしれませんが・・・。

そういう賛否両論を常に提供していくアニメなのかもしれませんが、ちょっとやりすぎな気がします。

ま、私は番組見てるだけなので、余計な心配なのですが。

涼宮ハルヒの憂鬱4 笹の葉ラプソディ (第1巻) 限定版 [DVD]涼宮ハルヒの憂鬱4 笹の葉ラプソディ (第1巻) 限定版 [DVD]
平野綾

角川エンタテインメント 2009-08-28
売り上げランキング : 19

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

コードギアス R2 やばい

いやぁ、はじまりましたね。

コードギアスR2。初回見ました。えぇ。面白かったですよ。

OPみて、なるほど、皇帝もギアス持ちでしたか、など色々な期待が膨らみます。

前回は間に総集編が2度挟まったため(その回は”.5”と表記されている)、24、25話は確か半年以上
経った後に放送されましたね。そして、今回の「R2」。

よくよく考えてみると、「機動戦士ガンダム」は初回放送時には視聴率が悪くて、打ち切られたアニメだし、「新世紀エヴァンゲリオン」の最終2話は当時楽しみにしてたのに、思いっきりぶっ飛んだつくりで賛否両論を巻き起こし(まぁ、私はあれはあれでびっくりしたけど、ウケタ)、25・26話については、リメイクされて映画化されましたね。

紆余曲折があったアニメってのは、なんだかヒットするし、面白いと後々言われるような作品に
なるのでしょうかね。初回を見てる人にとってはあんまり嬉しくないのかも(笑

コードギアスも前回の風呂敷を広げすぎたような気がしていたのですが、面白かったのでずっと
見てましたが、今回のR2で物語が終わるのかどうか、とても楽しみです。

現時点では、はじまったばかりなのでなにもいえませんけどね。

ウルトラマンメビウスがやばすぎる

今日のウルトラマンメビウスやばすぎ。

ウルトラマン80の本当の意味でのフィナーレ(最終回)
とも呼べる内容だった。

元々メビウスは80の続編として作られた作品だったから、 80出るかもとは思っていたが、 27年も経ってこんなのみせられるとは思わなかった。


長谷川初範もちゃんと出演したし、やばいぐらいに かなり感動した・・・・・つか泣けた。

本当によかった。まさか、ウルトラマンでこんなにやられちゃうなんて、思いもしなかった。


ウルトラマンレオの回もよかったが、今回はまじで やばい。

残りも少なくなってきたし、これからラストに向けてかなりとばしていくんだろうな、ウルトラマンメビウス。
ゾフィーの人間体を出すという事で放送当初から発表されているが、いまだ出てないようだが、次回も必見。
ゴモラにレッドキング、そしてちらっと映った科学特捜隊のビートル(っていうんだったかな?)にゾフィーの後姿がちょっといやがおうでも期待させます。 やはりサコミズがゾフィーだったのか、それとも。

同時にでてくるタケナカGUYS最高総議長はウルトラセブンに出てきたタケナカ参謀だ。ウルトラセブン、そしてウルトラマン、ウルトラマンメビウスの物語が次回一つになる。

もうきになっちゃって、本屋で特撮・フィギアの雑誌を読んだ。(今後の展開などが載ってる場合が多い。メーカーはフィギュアとか売りたいからTVとかより先に情報が手に入る)

すると、驚愕!!!(笑

今後(っていうか次々回)エースも出るらしい。(もちろん北斗本人も)
そして、その後には帰ってきたウルトラマンの団次郎氏も出演!!!!

その後のページには長谷川さんのインタビューもあって、
80のときに中途半端に終わった教師編が気になっていたとの事で、
今回の話で完結できたのでよかった、という事を語っていた。

長谷川氏の俳優としてのキャリアなら、封印してもいいはずの
ウルトラマンシリーズにこうして出演した。

ウルトラマンレオの竜さんも、エースの北斗(芸名忘れた・・・)も、
団治朗氏も、素晴らしい仕事を今回している。
セブンの森嗣氏は何度もセブン役してるしね(メビウスには出てないが、この分だとありえるかも)。

これで出ないのはタロウの篠田三郎さんだけ・・・。

スタッフも円谷プロもウルトラシリーズ誕生40周年という事で、
本当にウルトラマンを愛してるんだな、当時できなかった話を補完しつつ創っていて気合も入ってるんだろうな。

素晴らしき「愛」だとも思う。

まじでウルトラマンメビウスが熱すぎる。


平成のウルトラマンはちょっと適当に観てたんだけど、
このシリーズは本当に見といてよかった(笑

まだ観た事ない人も今後は必見です。

ハチクロ2・・・せつない。

ハチミツとクローバー
漫画読んだことないから、そっちでどうなってるのか
しらないんだけどさ。

アニメ見てて、思った。何かせつないよなぁ(苦笑


今回は特に。まじやばい。続きが早くみたい。

仮面ライダーじゃなくて「鬼」でした。

毎年この頃になるとライヴマスターさん恒例といってもいいかもしれませんが、仮面ライダー響鬼今日最終回でした。

名古屋のホテルで7時57分にぱちっと眼が覚めた私。
一体なんなんでしょう(笑

さて、最終回。
「おろち」を鎮める為に、今まで出た(OR初登場の)「鬼」が勢ぞろいするんだ、とかラスボスではないのだが、「おろち」が登場して、主人公がばしっと綺麗にやっつけて幕を閉じるんだ(映画では出てるらしい(見てない)とか、色々思ってOPに、さてこれからどうなるんだ!!!!とちょっと期待しつつ。

CM明け。穏やかな日常。-一年後-

え、一年後?あ、あれ?

戦闘終了。


おろちは「伏線」かよ!
こんだけ出るぞ出るぞと盛り上げといて、一般人も被害とか増大してたようなきがするんだけど、あれで終わり?
おろちを鎮める為に鬼を集めろ、とかいう伏線もあったはずなんですが、綺麗さっぱり忘れ去られてました(ありえない)

もうそれでガクっときた。
ま、主人公の男の子(明日夢君)のライバルとして出てきた男の子(桐矢)が出てきたところらへんから、何だか雲行きが怪しくなってきた脚本は結局最後の最後までグダグダのままでしたね。斬鬼さんの死も中途半端ないらないエピソードだよ。だったらその辺最後にまとめろよー、と。
桐谷が鬼に変身してもやられちゃう所がらしいんだけど、じゃあ結局彼を出した事で成功した脚本なんてあったのだろうか・・・。もっとまともに書いてほしかった。
そして、裏で魔化魍を手引きしていた(とはまた違うんだけど作っていた)男女二人も最後は操られていたことが判明。
はい、これも蛇足で、そんなのが出てくること自体微妙。
彼らも結局はそんな存在にすぎないんだ、といいたかったのだろうが、その試みは大失敗に終わってます。ってさ、同じ役者を変に使いまわしてさ、メイクも微妙でさ・・・安っぽいんだったら出さなかった方がよかったんじゃないの?

最後は響鬼さんと明日夢くんが並んで話す。
やはりこの二人で締めましたか。

まぁ、前向きに考えると明日夢君が鬼になるとは思ってなかったし、
最後に自分で語ってるんだけど、
 ”響鬼さんに憧れて、自分もそうなりたかった。でもそれじゃ違うんじゃないかと。自分にとっての生き方は自分で見つけてそこに向かっていくんだ”というのは、初回の放送からリンクできてる話だし、中途半端に穏やかにでも不安を隠しながら自分を出せなかった少年が自分の道を見つけてそこに進んでいく成長を描いたドラマとしてはとりあえず無難にまとめました。今回書きたかったことはそれなんだしね。そして、そんな明日夢君に「初めて会った時から、明日夢は俺の自慢の弟子だったよ」「これからは俺のそばで自分らしく生きてみな」というくだりは彼ら二人が人としてのつながりと、依存ではなく対等に認められるという事を感じさせられる最後でした。

それぞれにそれぞれの生き方がある。
そこは余韻をもって終わったんだろうな、と思います。

前作の「ブレイド」はダークな終了の仕方でした(子供番組とは思えない)があれは、原作者の石ノ森章太郎さんの「ダーク」さを思えば仮面ライダーを「継承」していて、私はいい終わり方だったと改めて思いましたが、これはこれでよかったんじゃないですかね。(前前作の「555」は?だったし、「龍騎」は夢オチで今までの事はなし、だったから)

結論としてはこれ仮面ライダーって付いてますが、劇中仮面ライダーなんていう言葉は一言もでなかったように思います。
これは「鬼」のお話で別モンです。まぁよく言う「権利関係」で仮面ライダーとつけざるを得なかった感がとてもありました。

とはいえ、俳優は響鬼(細川茂樹)斬鬼(松田賢二)など演技もちゃんとできる人が多かったと思うし、布施明さんも出演していい(面白い)配役だったとおもいます。女性陣も。おそらく今までで一番まともだった。ここは評価していいと思いますし、変な話今回の物語は一番「スピンオフ」が出来る物語でした。この続きは別にいいんですが、なんかスペシャルとかでそういうのみたかった気もしました。

うん、そう考えると面白かったと思います。
脚本さえ、しっかりしてくれれば。
まぁそれはいうまい。

で、次回作「仮面ライダーカブト」
なんか次はちゃんとライダーっぽいです。
・・・・しかしねーカブトムシってさ、
仮面ライダーストロンガーってのが既にあるんですが。

消化不良→次回作の布石  SEED DESTINY

今、見ました。ガンダムSEED DESTITY。

うーん、、、、え?あれ?終わった?

っていうか、開始当初は主人公で途中から座を追われたシンよわっ。
ってか、アスラン。強いじゃん。

レイは初めてキラに触れてそれでも自分はクローン=クルーゼではなく、「個」として認めてくれた、そして「明日」へ向かって覚悟を示したからこそああいう最後の行動に出たと思わせたかったんだろうけど、最後の30分でそれを説明するにはあまりにも脚本不足は否めない。
そんなに簡単に人はひっくり返らんよ。
まぁこの作品を通して、脚本なんて重要視されてなかったんだろうね。
話が薄っぺら過ぎた。

で、ザフトの要塞は実質3機のモビルスーツによって勝敗が決まったんだけど、戦争ってそんなもんじゃないと思うんだよねー。

んで、ディスティニープランのその後は?デュランダルが死んだからってするんでしょう?(というかこの番組死んだと思ってもありえない方法で復活させてるからなぁ)

間違いなくこの続きありますね。来年か再来年か知らんけど、また次の番組終わったら始まりそう。

なんと!来週からもう再放送決定!また1年これで延ばして来年の9月改変でスタートなのか?

正直、キャラクター権利の商売があるから番組1年なんでしょうけど、
引っ張りすぎて話まとまらないんだったら、OVAとか半年で終わらせたほうがいいんですけどね。

・・・来週から新番組始まるらしいけど、突然この続きが始まっても
誰も驚かないぞ。それぐらい終わり方として変。中途半端。

ガンダム、頼むよ、サンライズ。

テーマ : 機動戦士ガンダムSEEDDESTINY
ジャンル : アニメ・コミック

仮面ライダー剣 終了。

ライヴマスターさんを以前から知ってる人は知ってるかもしれませんが、仮面ライダーは、録画してまでみる(苦笑)数少ない番組だったりします。

「最近、何かドラマ見たー?」
「んー、仮面ライダー(笑」
「えー、それドラマじゃないじゃん」
「いや、そんなことないよ(苦笑」

というやり取りがあるのかどうかは別として、仮面ライダーは非常につっこみどころ満載の「ドラマ」である(笑)、と。

まぁ、今回最終回にあたり、非常に悲しい話になってるんですけど、実は半年前に、最終回から4年後の設定で映画が公開されてるわけですよ。

TVでは最後に主人公が失踪(というのかなんというのか)して、すごいしめっぽいエンディングを迎えても、映画ではちゃんと出てくる訳です。まだ見てませんが、確かその失踪した主人公、清掃員やってるんですよね(爆
おいおい、見た子供たちはそれみんな知ってるだろ?

さて、主人公はどうやってつながってみんなの前にでてくるんだろうか?タイミングよくその映画が21日に発売されたのでレンタルでどうつながっているのか是非、見てみよう(笑
ってか、つながってるのか?本当に、という気がしてならないのだが。

それはともあれものすごく大きいツッコミからあれ?なんで突然その使い方理解してるの?みたいな小さな突込みまでいっぱいあります。

昔と違って勧善懲悪でもないし、龍騎にしても今回にしてもまぁ全てが丸く収まってOKというわけでもないし、いきなり終わり3話ぐらいで急展開したり(555では次々死んでいく(笑)
、とまぁ色々ありますが細かい所まで隅々見てここが違う!とか指摘していく人以外は子供だけじゃなく、大人(奥様?)も様々な視点で楽しめる番組じゃないですかね?とかいっときます。
あとは、脚本含め、ちゃんとつながりを持たせるとか、レベルは上げて欲しいですが。
しかし、話が子供向けでなくなってきてると思えるのは私だけ?
でも、石ノ森氏の「ライダー」の精神を受け継いでいるのかもしれませんね。

プロフィール

ライヴマスター (livemaster)

  • Author:ライヴマスター (livemaster)
  • Music Connect-er。CD-SHOP Wanderer。音楽は仕事というより音楽好きでいたい。その方が楽しい。人と音楽を繋げたい。まさにLinQ。お仕事の依頼問い合わせなどはlivemaster1999@gmail.comまでメールを下さい。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリー
tweet
リンク
最近の記事
ブログ内検索
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
2431位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
邦楽
374位
アクセスランキングを見る>>
AMAZON
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
AD
1
RSSフィード
最近のコメント
最近のトラックバック
QRコード
QRコード
バナー



人気blogランキングへ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

C
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。