スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明日から

最低週2本ぐらいずつはブログを更新しよう。
制限かけないとやらないね。

ここではないかもしれないけど。

2日は。

2日は完全なる寝正月。

見事な寝正月。一歩も外に出てません。
ドラマばかりみてました。
いや、こういうのも珍しいです。

新参者 眠りの森は面白かったです。

新参者がついてるけど随分前の原作ですけどね(これは加賀シリーズ2作目)
正直、原作の方がよかったです。終わり方がね。
でも原作と違うのはテレビの時系列が新参者から
始まってるから仕方ないわけで(新参者は加賀シリーズ8作目)。

その分設定もキチンとかえてるし終わり方が違うのも仕方ない。
その辺は割り切って見なければいけないような気がします。

ガリレオだってそうだし。
大切なのは、テレビドラマとして成立してるかどうか。

そういう意味で面白かったのでまったく問題ないかと。
石原さとみさんはやはりよかったし、
音月桂さんの凛とした姿もカッコよかった。

最近は小説をよむ事自体少なくなりましたので、東野圭吾さんの小説は
多分もう読む事が少ないとは思いますが、彼の小説は映像に向いてるので
こうして見るのは本当に面白いです。
全部映像にしてくれれば読んだ気になるんですけどね(苦笑

加賀恭一郎シリーズは彼が事件を解決するだけではなく、
彼が彼の人生において自分の欠けたピースを探しているような
そんな人間くささに面白さがあるような気がしています。

特に新参者以降の作品はそう思ってます。最新作である「祈りの幕が下りる時」は
まだ読んでませんが、今日ドラマみて読んでみたいなと思いました(単純)

さて、明日からはもうちょい活動します。

眠りの森 (講談社文庫)眠りの森 (講談社文庫)
(1992/04/03)
東野 圭吾

商品詳細を見る


祈りの幕が下りる時祈りの幕が下りる時
(2013/09/13)
東野 圭吾

商品詳細を見る


あけましておめでとうございました

2014年になりました。

あけましておめでとうございます。

今年はキチンとした形で音楽をより繋げられたらいいなと
思ってます。

まぁ、結局それしかないと思った次第です。

原点回帰。

今年はブログちゃんとやりたいですね。

ここが入り口であり、出口。

皆様よろしくお願いいたします。

あと10分。

今年もお世話になりました。
来年はここではないかもしれませんが、
ブログなどはちゃんとやろうと思ってます。
ツイッターとかはお手軽すぎるしね。

のこりあと10分弱。

よいお年を。

音楽って本当に素晴らしいもの 「生田絵梨花 x 佐久間正英」

乃木坂46の7枚目のシングル「バレッタ」本日発売されました。

この初回盤 A,B,CのDVDに収録されている特典映像。乃木坂46の各メンバーと
クリエイターとのコラボレーションによる個人PV。
これが毎回バラエティに富んでいて、面白く素晴らしいです。
各メンバーも個性もわかるし、クリエイターが彼女達をどう料理するのか、
その化学反応がなかなか興味深いのです。

前作「ガールズルール」にはなかったので、もしかしたら時間も手間もお金もかかるし、
もうないのかな?と思っていました。面白いのにって。でも今回復活しましたね。
個人的にもこれは是非ずっと続けて欲しい企画です。
乃木坂に関しては、正直これが楽しみなので全形態を揃えるぐらいです。

CDを買っても面白いと思えるもの。そういう付加価値をつけていく事が今の時代に必要だし、
結局企画力なんだと思います。CDが売れないという暇があるなら、考え抜いて楽しむ事。
きっとクリエイティヴってそういう事。それも今の音楽業界にとっても必要ですよね。

さて。

各メンバーの予告編が11月中旬に公開されて、正直全部見なかったのですが、
ぼーっとみてるとあまりにも嬉しくてびっくりしたタイトルがありました。
それが今回ここで紹介する「生田絵梨花 x 佐久間正英」です。

そもそもの発端は彼女の9月17日付のブログでした。

http://blog.nogizaka46.com/erika.ikuta/2013/09/014153.php


そして、それを見た佐久間さんのツイッターのコメント。



ここでも語られてますが、2人は親戚で彼女のお父さんと佐久間さんは従兄弟という関係です。
ちなみにおじいちゃんがビクターにいたそうですね。

このWeb上での2人の「再会」と「出会い」と「想い」が、わずかの時間のうちに実現する事になりました。
それでは、予告編をどうぞ。これだけでも涙モノです。



それにしても生田さん。
ドイツ生まれで東京育ち、ピアノや音楽に囲まれてとても育ちのよい感じの子です。お嬢様
って感じですよね。ちなみに家ではジャージですw、さらに家事全般がダメな子です、
以前乃木坂ってどこ?で披露されたおにぎりはそりゃあもう酷い有様でした。
まぁまだ16歳の女の子ですからね。大人っぽさと可愛さが同居した年頃。

そして、佐久間正英さん。
ミュージシャンとしても「四人囃子」の時代から素晴らしいベーシストでもあり、
GLAYなど数を挙げれば数え切れないほど多くの楽曲とアーティストを送り出してきたプロデューサー。

いつも音楽に対して真摯である事は佐久間さんのブログ読んでもわかりますし、
「Goodnight_to_followers」と題して毎晩UPされていた”おやすみ音楽”が1112編+α。
これを聴くだけでもそれがよくわかりますよね。毎日続けられていましたし、それは
生半可ではできません。本当にすごい方です。

https://soundcloud.com/masahidesakuma

そんな佐久間さんは8月にご自分の病気の事を公表されてました。

http://masahidesakuma.net/2013/08/goodbye-world.html

これは本当に衝撃的でした。しかし回復されライヴもやってらしたし、
前を向いていらっしゃるし、ツイッターはフォローさせてもらってるので
いつもツイートを拝見しています。

実は一度だけ軽くですがお会いした事があります。もう10年ぐらい前ですけどね。
あ、あとGLAYのライヴは佐久間さんの斜め前で見た事は何回かありましたね(なんだそりゃ)。


音楽で繋がっている親戚。
そんな素敵な2人がこのタイミングで出会うべくして共演しました。
それはもう言葉にならないくらい本当に素晴らしいものでした。

生田さんはとてもこの曲を大切に、透明感のある伸びやかな声で歌っています。
シンプルに。大きな瞳のように、ただ、まっすぐに。伝わる歌ってこういう事なんじゃないかな。

一緒に音楽を奏でられる楽しさ、ワクワクした表情に満ち溢れているのがわかります。
真面目に、真摯に向き合っていることも伝わります。
とても頑固で、だけど実直な彼女の人柄が映像からもにじみ出ています。

そして、佐久間さんの温かみのある音色。
きっと緊張しているであろう生田さんを優しく包み込むように導いてくれてます。
生粋のミュージシャンであり、プロデューサーでもある仕事ぶりが
映像でもとても素敵に映し出されています。

クラッシャー木村さんのヴァイオリンも2人に寄り添ってアクセントを加えてくれています。


全ての音が調和されて、交じりあって、昇華されていく。
無駄なものはありません。

初めて見た時、涙が溢れてきました。そして何度見ても、胸が熱くなります。

親戚であっても、2人がプロとして真摯に取り組んだからこそ、
この化学反応が生まれたのでしょう。本当に素敵な、音楽の力を感じさせる映像です。

乃木坂?アイドル?そんな方でもこういった背景、今の状況を知った上で
みたら見方はかわるのではないでしょうか。

そしてなにより「君の名は希望」という楽曲は本当に素晴らしい曲であるという事です。



Goosehouseさんがカバーした映像も話題になりましたね。



アイドルだからという先入観はもったいないです。
偏見なしに聞いてみればホントに素敵な曲が多いし、今音楽業界でアイドルこそが
一番自由に音楽をしているのではないでしょうか。

音楽は本当に素敵な力を持っています。

もしかしたら、生活していく上で必要ないかもしれません。
それでも、こうして人生に引き寄せられるように音を奏でるきっかけになったり、
人生に彩りを与えてくれるものではあります。

音楽で人生が変わった人も”ここ”にいますしね。

このレコーディングの事は彼女の11月15日のブログにも書かれてます。

http://blog.nogizaka46.com/erika.ikuta/2013/11/015171.php

そして、ナタリーには佐久間さんがコメントを寄せています。

http://natalie.mu/music/news/103332

「スタジオで一緒に音を出した。
彼女のピアノと歌に合わせてベースを弾いた。
ほんの一瞬で二つの音が解け合って行くのを感じた。
素晴らしい出会いが生まれた。」

この素晴らしい出会いが今後もまた続きますように。
生田さんのブログにもあった「佐久間さんが好きな人と好きな事を思う存分やれますように」
きっとこの中に貴方も入ってるんだからね。
2人に、そして素早くこれを実現させたスタッフの素晴らしい仕事に拍手です。

ニューシングル「バレッタ」 type-A。
この映像を観る為だけに買っても、決して損はしません。
本当にオススメします。



きっと


音楽は”希望 ”



バレッタ(DVD付A)バレッタ(DVD付A)
(2013/11/27)
乃木坂46

商品詳細を見る

きっとまた彼に逢える日を信じて PASSPO✩「Growing Up」

今週発売したPASSPO✩「Growing Up」がとてもよい。



この曲はちょうど3年前にぱすぽ✩としてインディーズ時代にシングルで
発売した「Pretty Lie」と同時期にありながら当時はまだ彼女達が歌うには早いと
判断され温められていた曲。そして今回新たにその「Pretty Lie」の主人公の
アフターソングとして生まれ変わった楽曲でもあります。

当時からメンバーもこの曲を歌いたい!けれど、うまく歌えなかったし、
この曲を出さないと聞いた時は凄く悔しくて悔しくて、なんてダイバーシティーでも
確か言っていましたよね。

それがこの3年。自分たちの状況も変化し様々な事があったけれども、
前に向かって成長してきたから今だからこそ、ようやくリリースができる。
きっと人一倍メンバーは喜んだだろうし、この曲を大切に、初心を忘れず、
未来に向かって進んでいく決意となったような曲になっていると思います。

歌詞もとても芯の強い女の子がそこにいるしね。
こういう曲は是非女の子にも聴いて欲しい。
とてもスっと心に入ってくると思うし前向きになる気がするから。

そして、この曲はぱすぽ✩とPASSPO✩を一度でも支えた事のあるパッセンジャー
さんに是非聴いて欲しいとも思います。

彼女達は今もこうしてここにいるよ、と。


でも、私はこの曲に関して、もう一個想う事があります。この彼は彼女達にとっての
”オリコン1位”なんじゃないかと。彼女達だけではなく、パッセンジャー、スタッフ、
関わった全ての人の想いとして。

歌詞にもそんな言葉や想いが様々に散りばめられているかのように思えてなりません。

下に貼ってある、各メンバーのトレーラーを是非一つ一つ見てチェックしてみて下さい。

今までを振り返り、感謝をし、未来へ進んでいく彼女たちの映像は、
とても意思に溢れていますよね。それはある意味決心したかのように。

「間違いじゃないって信じて この道はきっとまっすぐに」

奥仲麻琴が歌う事このフレーズ。

そう、今の彼女達を見ていて、きっとやってる事は間違ってないと思えるし、
その先にまっすぐに向かって進んでいけば、またその彼に笑顔で会えると私は思っています。



「今はまだその時じゃない」かもしれないですから。
でも彼は、”2年半”前と変わらずにそこにいるからね。
だから少しずつGrowing Upしていけばいい。常に現在進行形でね。


そしてまたその”彼”に会った時、彼女達はどんな景色を見るのだろう。


この曲はPASSPO✩自身が、メンバーそれぞれが少しずつ成長してきた、
今でなければ歌えなかった。歌も想いも聞こえ方も違ってきたと判断されたからこそ、
今このタイミングで出すべくして出した曲なんだと思います。


今回は、未来へ向かう彼女達の”決意表明”。

ここからのPASSPO✩が本当に楽しみ。

様々な想いに溢れる、凄く、凄く、いい曲です。





















Growing Up(初回限定盤A)(ファーストクラス盤)(DVD付)Growing Up(初回限定盤A)(ファーストクラス盤)(DVD付)
(2013/10/16)
PASSPO☆

商品詳細を見る


Growing Up(初回限定盤B)(ビジネスクラス盤)(DVD付)Growing Up(初回限定盤B)(ビジネスクラス盤)(DVD付)
(2013/10/16)
PASSPO☆

商品詳細を見る


Growing Up(エコノミークラス盤)Growing Up(エコノミークラス盤)
(2013/10/16)
PASSPO☆

商品詳細を見る

10/5-3-1 Una@クエストホール HARAJUKU KAWAii FES 2013

クエストホールからTOWER新宿を経て再びHARAJUKU KAWAii FES 2013。
正直次予定が決まったし、移動に若干疲れて、そのままクエストホールへ。

着くと、ちょうど次のパートのライヴが始まる所。
ツイッター見てたらでんぱ組は列が長すぎて
入れないみたいだったので、まぁ結果オーライ。

まずはUnaさん。初めて見ました。

衣装セクシーでしたね。モデルさんもやっているということでなるほど。

4曲で、今までどこでも披露してない楽曲を2曲含めて4曲。
調べてみたらデビュー曲「JUICY JUICY」のサウンド・プロデュースは80kidzなんですね。
ユニバーサルさんからか。
こちらもなるほど。この辺ちょっと疎い部分もあるので勉強します。

Skater girlは本人の作詞とのこと。マルチな才能ですね。


セットリスト

1.JUICY JUICY
2.LONELY FLOWER
3.BOOM BOOM BOOM(表記不明)
4.Skater girl(表記不明)

プロフィール

ライヴマスター (livemaster)

  • Author:ライヴマスター (livemaster)
  • Music Connect-er。CD-SHOP Wanderer。音楽は仕事というより音楽好きでいたい。その方が楽しい。人と音楽を繋げたい。まさにLinQ。お仕事の依頼問い合わせなどはlivemaster1999@gmail.comまでメールを下さい。
カレンダー
11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
カテゴリー
tweet
リンク
最近の記事
ブログ内検索
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
4182位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
邦楽
633位
アクセスランキングを見る>>
AMAZON
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
オススメ
AD
1
RSSフィード
最近のコメント
最近のトラックバック
QRコード
QRコード
バナー



人気blogランキングへ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

C
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。